ページ

2018年7月10日火曜日

オニキスによるステンドグラス



オニキスによるステンドグラス(デザイン山田雅夫)
2010年2月9日 投稿者: aterierguildの修復


 ステンドグラスというと、よく、ケームといって鉛のフレームを色ガラスに固定してつなげていく技法によるものがあります。
しかし、この度紹介する作品は色ガラスに代わって大理石の一種オニキスによるものです。

 この石は様々な鮮やかな色調を帯びており、流動的な模様があることで縞メノウに似ています。
その中でも緑は貴重な箇所で、今日では入手が大変困難になっています。

 写真は、1986年当時の仕事で、名古屋の名城大学図書館に設置されました。設計は丹羽英二設計事務所です。

図書館入り口より正面東向きに位置しています。
正面近くまで行った写真を見てみましょう。
中二階まで上がるとその全容が見えてきます。


緑色ではなくベージュのような色合いがオニキスです。所々にある強い色は、色ガラスです。
印象が強かったせいか、光具合で緑がレンズには写らないのか、その辺はわかりません。
しかし、私(村田)には、かなり緑色のオニキスを磨いていた記憶があります。

 「緑の光」はジュール・ベルヌの小説では、太陽が沈む最後の光が屈折のせいで緑に見えるというもの。
そしてその光を見た者は自分の心と相手の心がはっきりとわかると言われています。
ここでもステンドグラスで緑の光が差し込むことがあるのでしょうか。


 当時、学生最後の年の夏、この石を磨く作業に参加したのが、アトリエギルドとの最初の出会いでした。

 オニキスは厚み5~7mmほどで、石の中ではもろいため、5mm厚の600×1200大ぐらいのガラス板でサンドウィッチになっています。

当時、作業はモザイク作家の関谷明夫氏が中心になって行なっていました。

板ガラスに薄いオニキスの板を並べて、大変強烈なにおいのするシリコンで固定していたのを思い出します。


これは3階の渡り廊下から望んだ写真です。
これは何を描いているのでしょか。ミステリーサークルのようで、なぜかSF的な感じがします。

他2点写真あり、アルバムに収録されています。
こちらからご覧になれます。


デザイン:山田雅夫
発注:丹羽英二建築設計事務所

施工:鹿島建設名古屋支店

2018年7月9日月曜日

西澤豊のエジプト編Ⅰその2

2010年2月6日 投稿者: aterierguildの修復

 ピラミッドの真近からはその全容は見えません。
基段部から、切り出しの石材ブロックが荒々しくむき出しにされています。
この石段の無造作に崩れた面が、遠く離れれば明確な輪郭を形成しています。
この写真のねらいは、このコントラストにあります。
これにより、部分写真であるにもかかわらずピラミッドの壮大な大きさを感じさせてくれます。




ピラミッドの謎

 ピラミッドは石灰岩のブロックでできているがますが、当初はそれだけではありませんでした。
現在のようにむき出しになる前は、下段部もしくは全面が花崗岩の板で厚く覆われていたそうです。
この石はとても硬く、特殊な刃物かのみでなければ加工できません。
さらに、その表面は磨かれていたといいます。現在でも基壇部の足元にわずかな痕跡が見られるそうです。
中世に起きた地震によって表面の花崗岩が崩れ落ちたという説がありますが、それ以前から既に石材のはぎ取り作業は始まっていました。
モスクを始めカイロの町がこの石材でできたといわれています。

 ピラミッドには幾つかの目的があったそうです。
その目的・機能は、我々の文明の技術では追いつかないレベルにある模様です。
その内の一つはピラミッドの形状にあり、この形状がある磁気的エネルギーを集約する装置の役目をはたしていたそうです。
磁気的エネルギー集積は内部に珪砂を大量に詰め込んであることからも分かります。
どうやらケイ素を主成分とした鉱物をこの種の形状に詰め込んでおくと電気仕掛けの装置になっていたようです。

 次に続く西澤氏の写真にミナレットがありますが、これも当初はその目的のため珪砂が詰められていたそうです。
磁気エネルギーの集約はこれだけでなく、地球や太陽系の動きも利用していました。
太陽系は昂(プレアデス星団)の恒星(アルシオーネ)を中心に運行していますが、地球が太陽の周りを公転する間、一年の内2回この恒星の影響を受ける日があります。
この日に地磁気は大量にピラミッド内部に集められ、余剰エネルギーは頂点より上部へと放散させられると言われています。
その利用についてはいまだ明かされてはいません。

 私の直感ですが、その上層に放出したエネルギーは何か映像のようなものを映し出していたのではないでしょうか。しかも、巨大な三次元映像のようなものを中空上に。

 思わず、このような巨大な像を目にするとそう想像したくなります。
下の写真はナイルの河岸に埋まっていたラムセス2世の巨像。発見されたその場へ建物を作って博物館にしたそうです。

質感が実に生々しい写真です。



その他、10点の写真は西澤豊氏のファイルに収録しました。
こちらからご覧になれます。

2018年7月7日土曜日

写真家 西澤豊のエジプト編Ⅰその1

 アトリエギルドの写真家、西澤豊氏は、写真による芸術作品を発表していました。
その一つ、作品タイトルは「絵画との訣別」
そう主張するだけに、写真とは何か、その本質を常に捜し求めていたようです。特に光に話が及ぶと感情が高ぶっていました。

 このエジプト編は、太陽神・ピラミッドやミナレットの頂点そして照りつける石のなかに光を求めた氏の主張でもあります。

「若いころ見たエリザベステーラー主演の映画「ピラミッド。あの巨石を、一度はみたいものだと思い続けて、やっとエジプトへ行く機会があり、そのとき撮影した作品でこのカレンダーを作ってみました。」  
 西澤 豊

以下、エジプト編のカレンダーより数点抜粋してご紹介します。
なお他の作品は収録ファイルをご覧ください。
 
この方向からのスフィンクスを撮った写真は、今日では普通ですが、以前はまれでした。たいていは正面を向いていて、その背景にピラミッドでした。
左端には、幼い子供が悠々と立っています。母親たちとは対照的です。
そして、中央左の女性の横顔がスフィンクスの横顔と同調してます。
この写真には、こうした視点による三角形が他にもあり、ピラミッドを基点としダイナミックに構成されています。







スフィンクスの謎

 スフィンクスには不可解な点があります。
頭と胴体が同調していない、頭の後付けの可能性が高いのです。
お気付いた方もおられると思います。首が太すぎる点は崩壊を防ぐため後に盛り固めた痕跡です。
さらに、この頭が当初から人の頭であったことは今日疑わしくなってきています。
既にグラハム・ハンコック氏の著書でも明らかになっている様に、当初のスフィンクスはピラミッドより古く1万年以上と推定してます。
首より下は長い期間暴雨と水浸により侵食されていて、1万年以上前の大洪水によるものだといってます。
当然、頭などは原型を遺してはいなかったでしょう。後世の作であることが察せられます。

 ハンコック氏によればこの頭はライオンであったといいます。
ピラミッドは建設当時、獅子座の方向にあわせて設計されたからです。

 ライオンといえば、太古より太陽を示す象徴です。
ペルシャに渡り、シルクロードを経て高麗に渡り、狛犬となっています。
となると、スフィンクスは一対であったのではないでしょうか。
もう一方はまだ埋もれたまま、あるいは風化して跡形もなくなったのでしょうか・・・。

 

次回はピラミッドの謎に迫ってみます。